人生を彩るご縁をつなぐ

NEW POST

各ジャンルのプロフェッショナルが更新した最新記事です。

フェミニン望診

ブラボ~❣ 日本代表の選手も望診で食事♪

日本中が燃えた🔥サッカーワールドカップ⚽森保Japan!

(…私はサッカーは全く無知) ですが

やはりアスリートの食意識は本当に高い!

まずは「ブラボ~」長友選手。

抜本的に食事を見直したのは有名な話のようで…

大会中も

「青魚をちょっと多めにしてほしい」

「揚げ物の油は新しいものにしてほしい」

などシェフに要望を伝えてくるのだそう。

自分をコントロールできるのは自分しかいない

コントロールを意識しているからこそ、しっかりと自分の要望を伝えられるんですよね。

そして、元日本代表の小林選手。

ホテル生活を強いられた結果

肉・パスタ・ピザ、パン・シリアル・オートミール・バナナに牛乳を続けざるを得なくなり…

不調を引き起こしてしまったのだとか。

でも…日本人がそんな生活をしていたらそうだろうなぁ…と思ってしまいますが

お惣菜も売られていない・レストランもほぼない外国での食事は

とても苦労している現実問題のようです。

どれだけ日本が恵まれている国なのか…

そしていつでもなんでも手に入り生活しやすい一方で、

日本人にとって「食の大切さ」はどの程度の割合なのだろう?と

思ってしまう話でした。

話を戻して

大会での基本食は【お米】

シェフは細かいメニューは決めることなく

選手の顔や様子を見ながら、食材を決めていた

というではありませんかΣ(・ω・ノ)ノ!

これ!!!

シェフがやっていたこれこそ

望診

なんです!!!!!

その日の顔を見て、体調を予測して食べるものを決める。

=望診をして献立を決めている。

でもこれは決して特別な事でもなく

アスリートだからとか

病気だからとか

何か特別な状況にあるから望診をして食事を決める、

でもなくて

私たち全人類が必要な事、しなければならない事だと思っています。

病気になる前に

不調が悪化する前に

薬に頼る前に

普段の生活でできることがある。

自分の体は今、どうなってるの?

どんな食べ物が必要?

お顔にはどんなサインがでている?

ここを知ったうえで、食べるものを選ぶ必要があると思うんです。

なんとなく生活するのではなく

意識して生活する事。

なんとなく

が、一番自分を大切にしていない行動だったりします。

一つひとつ、ただ何となくではなく

一つひとつ、意識して選んでみてください♪

一週間の献立を決めるのも大事な事ではあるけれど

予定を組んでもその日の体調や仕事状況によっては

献立通りにできないこともありますよね。

だから

その日の自分の体の声を聴いてあげて、望診で食べるものを決める

自分が心から食べたい!と思う食事

献立が良いと思っている私なのです☺

それではまたね~👋

  • 記事を書いた専門家
  • 専門家の新着記事
なおこ

なおこ

世界中の女性へ、東洋医学『望診』で食で体の軸を整える望診カウンセラー

横手市在住/17・12・11歳の3人のシンママ/看護師フェミニン望診カウンセラーなおこです♪ 10年前に突然夫を亡くし、苦しくて辛くて…生きることを諦めそうになったどん底人生だった過去があります。 『生きるとは?』『自分って何?』私が出した答えは『誰のものでもない、自分の人生を生きる』でした。【わたしはわたし】1番は自分を大切にしてほしいと願っています。 シミやほくろは不調のサイン/むくみ・肩こり・頭痛・生理痛・白髪など/ 病院では教えてくれない☆不調の原因は食の偏り/ 東洋医学・望診から、その不調の原因を見つけ出し、あなたの体が必要としている食材と食べ方で、体の軸を整え、元気で笑顔な毎日になる食べるケアサポートをしています。そしてそれは、食卓を囲む家族まで…幸せを連鎖させていっています☆その不調は、今食べているもの・食べ方にあるかもしれません!

  1. 今後「望診」は、国から求められるものになります!

  2. フェミニン望診だから「なりたい」を叶えられる

  3. 七草粥のひ・み・つ

  4. 幸せの連鎖を起こすフェミニン望診トレーナーに!

  5. かぞくのhappyを願う*おせち料理

  6. 「赤鼻のトナカイ」望診で解説♪

関連記事

PAGE TOP