人生を彩るご縁をつなぐ

NEW POST

各ジャンルのプロフェッショナルが更新した最新記事です。

TAG LIST

気になるタグから最新記事を検索し、詳細を閲覧できます

心と体の美容

生後4ヶ月で空へ還った娘から教えられたこと。

こんにちは^^

シゴトもプライベートも思い通りに叶える私になる!

カラダと心をほぐして整えるセラピストの石井葵です^^

さて今回は、

今から8年前、

生後4ヶ月でお空に還った

私の2番目の娘、和心(わこ)について

お話させていただきますね^^

小さな身体でよく頑張りました💮

和心のことをお話ししようと思ったのは、

私自身を知っていただく上で、

和心の存在は切り離せないこと。

そして、和心との別れは

私の人生の中で

これ以上の辛く悲しいことはない出来事だったのと同時に、

当たり前の明日、

当たり前の健康はないんだということ、

をまざまざと教えられ、

それまでの自分の生き様や

お客様の施術をする=人生に関わることの意味、

エステティシャンとして

もっと本質的に、根本的に、

人に関わっていきたいと思うようになった

出来事でもあったからです。

和心の妊娠中の妊婦健診では異常は全くなく、

長女を出産した時のように

健康で元気な子が産まれてくるんだと

信じて疑っていませんでした。

出産当日、

旦那と長女も立ち会い、

陣痛から生まれるまで約2時間のスピード出産で、

みんな安堵の笑顔。

その後、母子同室で1時間過ごしたのが

二人で一緒にいられた最後になりました。

「呼吸の状態が不安定だから、今晩こちらで預かりますね〜。

明日の昼にはお母さんのところに戻れますので

今日はゆっくり休んでね^^」

そう助産師さんに言われたけど、

私が入院している部屋に和心が戻ってくることはなく、

翌日には市立病院に転院。

出産した産院に一人で寝泊まりしていることがしんどい。

不安と怖さで押しつぶされそうになっている中、

さらに市立病院から大学病院に転院になったことを知らされ、

いてもたってもいられず、

産後2日で退院させてもらい、

その足で救急車を追いかけて大学病院へと向かいました。

「心臓に疾患があるかもしれないから

もしそうだった場合、検査したらそのまま手術になります。」

・・・。

そう医者に言われても、全然実感が湧かなかった。

「心臓?手術?どういうこと?なんで?

どうしてこんなことになった?」

現状を理解できまいまま、待合室で待っていると

思っていたよりも早く

検査を終えて和心が戻ってきました。

「心臓が原因ではありませんでしたので手術はできませんでした。

原因は肺にありそうです。」

「え?じゃあ肺の手術はしないの?」

と思った私を察してか、医者は、

「和心さんの肺は手術できません。

治すには、移植という方法しかありません。」

テレビで見たことある。

街頭で立って子供の移植手術をのために

募金活動している家族の姿。

移植って、あの移植?

うちの子が?

絶望に打ちひしがれ、受け止めきれませんでした。

100万分の1の確率の病気になった和心。

当時、大学病院ですら

同じ症状の子を治療したことがない。という珍しい病気。

だけど、

移植ができたら治るってことなら方法を探さなきゃ。

そう思い、

日本や海外での子供の移植実例や実績、

文献などを必死に探して調べ、とある先生を見つけました。

主治医にセカンドオピニオンを受けたいことを伝え、

和心本人は人工呼吸器や他の機械を外せないため、

書類を書いていただき、

それを持って私と旦那で岡山まで行きました。

だけどその先生にも言われたのは

移植しか生きる道はない。ということでした。

身体がもっと大きくなったら手術はできますよ。

そう言われたけど、

母乳だって管を通して数ミリしか飲ませてあげられない、

ほぼ点滴だけで栄養を摂っている状態で

どうやって大きくしたらいいのよ!!!!!

先生に怒ったってしょうがないことはわかってるけど、

言わずにはいられなかった。

だけど先生は優しく

「医療は本当に毎日進化しています。

対症療法だって、1日でも長く生きることで

可能性に出会うことができるんですよ。」

到底理解できないけど、したくないけど、

現実を受け入れるしかありませんでした。

和心は産まれてからずーっと毎日、

点滴や検査など、痛い思いをしながらも頑張っている。

NICUの看護師さんたちは交換日記をしてくださり、

会えない時間の和心の様子を教えてくれる。

亡くなる1週間前には

出産に立ち会った以来

会えなかったお姉ちゃんに会わせてあげることができた。

そして和心は

4ヶ月と3週間という短くも勇敢な人生を生き切った。

今でも、本当は夢であってほしい。

と思わない日はないし、

この文章を書きながらも

涙が流れてしまう弱い私ですが、

和心の一生で学んだこと、気づいたことを

カタチにしていきたい。

たった一度きりの人生を

想うがままに思いっきり生きて、

またいつか和心に会った時に、

「ママ、めちゃくちゃ楽しそうだったね!毎日見てたよ!」

って言ってもらうんだ!

後悔するような人生にしたくない。

私の人生は最高の人生だった。

そう言って幕を閉じられる

和心に恥じない生き方がしたい。

シゴトも大事だけど、

家族を大切にできる働き方がしたい。

そう思い、

当時勤めていたサロンを辞め、個人サロンを開業しました。

その想いを込めてつけたサロン名が『3Re.therapy』

3Re.therapyの『3Re.』は、

⚫︎Relax(リラックス) 心穏やかに

⚫︎Reset(リセット) 本来の自分に還る

⚫︎Rest(レスト) 休息の時間と場所

の3つのコンセプトの頭文字が『Re』だったことから名付けました。

日々、シゴト、育児、家事、介護など

多忙を極めながらも

頑張っているオトナ女子の皆さんへ贈る

一度きりの人生を思いっきり生きるために

心穏やかに、英気を養い、

本来の自分に還るための休息の時間と場所、

そして根本的に解決ができる方法を届ける。

それが「3Re.tehrapy」の役割であり、使命なんです^^

長くなってしまいましたが

最後までお読みくださりありがとうございます^^

心に栄養を、カラダには活力を⭐︎

想いに自由に、

一度きりの人生を心から笑顔で過ごせるカラダと心をあなたへ♡

  • 記事を書いた専門家
  • 専門家の新着記事
葵

人生100年時代を心から健康にイキイキと生きたい人のための心とカラダのセラピスト

シゴトもプライベートも思い通りに叶える人生を手に入れる! 心とカラダの美容セラピスト石井葵です。

  1. マインド(脳)ケアが重要って気づいたキッカケ

  2. 自信を手に入れるのは、実はとってもカンタン♪

  3. 美しさの9割は心=マインドで創られているワケ。

  4. 美しさは容姿よりもマインド!ってホント?

  5. 生後4ヶ月で空へ還った娘から教えられたこと。

  6. オシリのヒミツ♡

関連記事

PAGE TOP