人生を彩るご縁をつなぐ

NEW POST

各ジャンルのプロフェッショナルが更新した最新記事です。

TAG LIST

気になるタグから最新記事を検索し、詳細を閲覧できます

ヨガ・性教育

「ただいま」の屋号に込めた想い ー いつでも自分の真ん中に安心して帰ってこられるように

こんにちは!
秋田に惚れた道産子ヨガ講師
鍵谷美波です。

9月10日は中秋の名月でした。
皆さんの住んでいる地域からも
秋の澄んだ空気にくっきりと浮かぶ
今年一番の満月が見えましたか?

秋田市ではちょうどその日
千秋花火が開催され
私もお手伝いがてら花火を見物。

帰り道に見上げた月の光が
なんとも優しく、美しかったです。

明るい月の隣で金星も光っていました


ちなみにその夜、
大学時代の親友が急遽うちに泊まることになり
お月見団子を買ってきてくれました。

「月見た?」「うん、めっちゃ綺麗だった」
「うま〜」「しあわせ〜」

花も団子も楽しんだ
思い出の十五夜になりました。

実は、屋号があります

さて、今日は記事のタイトルにある通り
「屋号」について。

大学を卒業し、
ヨガ講師として開業届を出してから2年

実はこれまでどこにも公表していなかった屋号に
ひっそりと、でも確かに込めた想いを
ここに記してみたいと思います。

スウェーデン留学、性教育、そしてヨガとの出会い

いつも自分に丸かバツをつけて
バツの自分を丸にするのが苦しかった私は

幸せの国スウェーデンへ留学して
視界がひらけ、世界が明るくなりました。

性教育を学んで、誰にでも“ありたい自分”を選ぶ権利があると知りました。

ヨガと出会って肩の力が抜けました。

(ヨガとの出会いは自己紹介記事に書いています)

社会の「こうあるべき」ではなく
自分が「どうありたいか」を見つめ

“居心地のよい私”を
日々自分の意思で選べたら
毎日は少し豊かに彩られるかもしれない。

留学、性教育、ヨガとの出会いは
私の人生のターニングポイントになり

心も体も元気に
毎日を自分らしく暮らしていくための
大切な土台になりました。

講師1年目、 当時の私!

たった4文字の「ただいま」

そうして学生から社会人に。

出会う人ひとりひとりが
心も体も健康に日々を自分らしく暮らしてほしい
という想いで選んだのがヨガ講師という仕事。

卒業して半年後に出した開業届の屋号の欄には
「ただいま」の4文字を入れました。

2020年10月2日開業。もうすぐ丸2年が経ちます

「ただいま」と言いたくなる場所


ホカホカご飯に合うおかずとがっこに
熱ーい味噌汁を出してくれる定食屋とか

近所のおじいおばあが集う銭湯とか

ちょっとした愚痴を
うんうんと聞いてくれる美容室とか


それが自分の家や実家じゃなくても
ふうっと気が抜けて
思わず「ただいま」って言いたくなる
場所ってあると思うんです。

そこにはきっと
「おかえり」って迎えてくれる
人やもの、空気があるんだと思います。

そんなふうに「ただいま」と
いつでも安心して帰ってこられる場所に

“自分自身が”なれたらいいな。

そんな想いでつけたのが
このひらがなたった4文字の屋号でした。

祖父に供える花も
毎朝私を「おかえり」と迎えてくれます


日々泣きたくなったり悔しくなったり
このままじゃだめだと落ち込んだり

悩んで立ち止まりながら

それでも「ただいま」と
自分自身の真ん中に帰ってくる。

それは、人に頼らないとか
徹底的に我が道を行くとか
そうではなくて

目を閉じた時、胸に手を当てた時
「大丈夫。」と自分に寄り添う
もう一人の自分がいるということかなあと

屋号をつけた2年前から、私の中で灯火のように
小さく燃え続ける想いがあります。

役割も肩書きもすべて取り払って

母であること、父であること
学生であること、社会人であること
女性であること、男性であること、そのどちらでもないこと
パートナーがいること、いないこと
上司であること、部下であること

社会の一員として生きていると
たくさんの役割や肩書きがついてきます。

それらは私たちに
やりがいを与えることもあれば
プレシャーや息苦しさを与えることもあります。


だから一旦、それら全部を取り払って
ただ「私が私自身であること」を
忘れずにいられたらと思うんです。


仕事で失敗した時も
大事な人にひどい態度を取ってしまったときも
他の誰でもない“私”自身が
「おかえり」と迎えてくれたら

ちょっと心強いのでは?と。



私自身も、娘であり、24歳であり
どこ大学卒業であり、ヨガの講師であることの前に

ただ”私”であることを忘れずにいたいと
日々願い暮らしています。


眠れない夜も、私が私のところへ「ただいま」と
安心して帰ってこられるように。

私が私を「おかえり」と優しく迎えられるように。

楽しいこと、おいしいものが大好きな私!


日本を飛び出して分かったこと


私たちが受け取る周りの評価や当たり前、
正しい正しくないの基準は
実は「社会」が作ったものだと

日本を飛び出すまで
そういえばほとんど知りませんでした。


家に靴を履いたまま上がること
素っ裸で温泉に入ること
耳にイヤホンをさしてガムを噛みながら働くスーパーの店員…

留学中やバックパック旅をしていた時はまさに
そんなのあり?!のオンパレードでした。


それでも私たちはたいていの場合
日々のルーティンをこなしながら
一つの小さな世界にとどまって暮らしているので

実は世界は「思ったより何でもあり」なことを
すっかり忘れて生活しています。

そして思ったより何でもありな世界では
ありたい自分だって結構「何でもあり」なんです。

どんな見た目で
どんな職業で
どんな振る舞いで

何をやりたくて
何をやりたくなくて

そこには正解も不正解もなくて
もっともっと自由なはずなんです。

そんな自由な世界と不自由な世界を
行ったり来たりしながら

最後の最後は
自分の真ん中に帰ってこられたら

「こうじゃなきゃ」と思っていた緊張が解けて
息がしやすくなる気がしています。


それは私自身が留学や性教育、
ヨガとの出会いで感じたのと重なり合うもの。

そんな想いを
ヨガ講師としてスタートした人生の屋号
「ただいま」の4文字に込めました。

いつものヨガクラスでも
「おかえりなさい!」と両腕を広げる気持ちで
皆さんをお迎えしています。


だからポーズができなくても大丈夫。
他の誰でもない“あなた自身”で遊びに来てください。


これからも、
私と出会ってくださる皆さんが
自分自身の真ん中に「ただいま」と
安心して帰ってこられるお手伝いができるよう

2年前と変わらない想いを
心に灯し続けたいと思います。

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

今日もあなたが
あなたらしく幸せでありますように!

===============
ポーズの完成度よりも、
まずは “心地よさ”を大切にする
ヨガクラスを開催しています。

「日々の忙しさに追われ、自分のことが後回しになっている」
「自分のためにリラックスできる時間が欲しい」
「無理なく心地良い、でも効果のある運動を実感したい」

秋田での対面クラスはもちろん
オンラインでのプライベートレッスンなど
気になる方はぜひ一度、【ホームページ】をご覧ください!

お問い合わせは【公式LINE】からお気軽にどうぞ!
お会いできる日を楽しみにしています😊

===============



  • 記事を書いた専門家
  • 専門家の新着記事
鍵谷美波|秋田に惚れたヨガ講師

鍵谷美波|秋田に惚れたヨガ講師

ヨガ講師/セルフケアアドバイザー

北海道函館市出身。大学入学をきっかけに秋田へ移住。黄金の田んぼや昔ながらの文化、何より秋田の美味しいもの!に惚れ込む。在学中、なんとなく受けたヨガのレッスンで「アンバンランスさも楽しんで」という講師の言葉に救われ、その一言で講師を志す。いつも"誰かのため"に頑張る人の【自分のため】を後押ししたい一心で、秋田各地・オンラインでヨガレッスンを開講。食べることと自然が大好き。人生最後の日は、あきたこまちと唐揚げが食べたいです。

  1. 夏野菜カレーを食べながら、行きつけの店で見つける「ただいま」のヒント

  2. 「ただいま」の屋号に込めた想い ー いつでも自分の真ん中に安心して帰ってこられるように

  3. ヨガでも、音楽でも、大好きな趣味でも。“優しい気持ち”になれる瞬間を日々の中に。

  4. 夏が恋しいとある残暑の夕方〜スウェーデン流・自分時間の過ごし方〜

  5. 秋田の自然で夏の元気をチャージ!道産子ヨガ講師・夏の過ごし方

  6. 夏場の料理がラクになる!アーユルヴェーダ流・夏をイロドる食養生

関連記事

PAGE TOP